亜鉛合金・アルミ鋳造から射出成形型・真空成形型まで KANEKO GROUP

射出成型用金型  型材質 亜鉛合金

  

 

製作工程概略

製品データ受け取り

 

設計

3DCADによるモデリング及び設計

 

鋳造素材型製作

製品データ及び、設計データに基づきNC加工代を見込んで

発泡スチロールにて型の素材となるモデルを製作する(NC加工)

鋳造時に鋳込む温調パイプ3次元曲げ加工を行う。

 

鋳造

 

    ピンホールや巣欠陥対策を施し鋳造します。

 

 

NC加工

射出成型用金型は、複雑な形状が3次元で作成されています。

CAD/CAM及びNC加工機メーカーは、独立した仕様により

ソフト及び機械を製造している為、NC加工においては出力データと

機械読み取り能力が合わないと加工スピードは上がりません。

そこで当社は読み取り能力(出力データを機械に合わせNURBS補間処理)

をし、かつバイナリー転送で高速加工しています。

 

仕上げ・組付

加工された素材のPL・面仕上げや入子調整を行った後、型合わせ

(ダイスポテイング)をして調整をします。

その後、部品を組付けて金型を完成させます。

 

TRY成型

 

    成形オペレーターにより、最適な成形条件を導き出し、より良い製品を

    提供します。