亜鉛合金・アルミ鋳造から射出成形型・真空成形型まで KANEKO GROUP

会社沿革 

 


  • 1964年3月  兼子合金鋳物所 設立

                                船舶部品・海苔採取機などのアルミ鋳造部品を鋳造作成

 

  • 1973年12月  株式会社兼子合金鋳造所設立

                   資本金300万円

 

                  自動車部品用金型素材としてアルミ鋳造を始める。

       

  • 1977年5月   兼子合金株式会社 社名変更

                                   資本金900万円

 

               亜鉛合金、アルミ合金鋳造を利用した各種金型の製作を始める。

        

  • 1983年3月   兼子精工株式会社 設立

                                   資本金1,000万円

 

                   亜鉛合金、アルミ合金鋳造を利用した各種金型の作成を始める。

 

  • 1989年7月     アルザックエンジニアリング株式会社 設立

                 資本金1,000万円

 

             亜鉛合金、アルミ合金鋳造を利用した各種金型の設計を始める。

                                          (CAD,CAM導入)

 

  • 1990年1月    プラスチック用射出成形機導入

               兼子精工株式会社にMM-2500TON成型機を導入をし

 

                            金型から製品確認までの一環体制を設立。

 

  • 1996年1月  兼子合金株式会社 資本金1,000万円に増資。

 

  • 1998年10月   亜鉛合金におけるピンホールレス鋳造を始める。

 

  • 2002年2月     NURBS補間データ処理装置導入により高速加工開始。

                            門形マシニングセンター、MPH-3130B(東芝機械製)導入

            

              幡豆郡一色町に加工工場増設。

 

  • 2004年10月   医療機器部品試作鋳造及び加工を始める。

 

  • 2005年10月  加工工場にRB5VM(新日本工機制)導入。

 

  • 2008年3月  加工工場にKMC-20F(テクノコトブキ製)導入。

 

  • 2008年5月  低圧鋳造装置を導入し、鋳造欠陥の少ない高品質アルミニウム合金鋳物の

             開発を開始する。

 

  • 2009年3月  加工工場に医療機器部品加工用に、NC円テーブルRNC-1001L型(津田駒 

            工業製)を導入し、固定5軸加工範囲を広げました。

 

  • 2010年5月  兼子合金株式会社は「ISO9001:2008」の承認を取得し、グループ企業と共に                     

            砂型鋳造品の品質向上と将来の手込み鋳物の欠陥の改善を開始する。

  •  
  • 2015年2月  兼子合金株式会社は「CAE砂型鋳物用流動解析装置」と「溶湯清浄度装置」を                 

            導入し、高品質な砂型鋳造品の生産を開始する。

 

  • 2016年8月  兼子精工株式会社は「レーザー肉盛・溶接装置(TL-200)」(テクノコート製)を          

          導入し、大型金型へのレーザー溶接が可能となりました。

 

  • 2016年12月 兼子合金株式会社は西尾市吉良町岡山に自動車内装部品生産用金型素材        

            アルミ合金鋳造工場を増設。