亜鉛合金・アルミ鋳造から射出成形型・真空成形型まで KANEKO GROUP

挨拶


 

 

 
 [造る]から[創る]へ・・・・・そして感動。

 

    精密鋳造の分野で、高い評価と厚い信頼をいただいております私どもKANEKO GROUPでは、高度・多様化する産業のニーズと完全に一致した対応を図るため、モデル作成から金型設計、鋳造、金型製作、成形品まで一貫生産につとてめております。

   

    グループが一体となり、高品質なモノを、早く、安価に提供する事を心がけるとともに、超大型金型製作に独自のノウハウを発揮。おかげ様で今日に至る確かな成長を遂げてまいりました。

     旺盛な創造力と探究心が、高度なテクノロジーを開発し、<造る>から<創る喜び>という感動を社員一同、感じさせていただいております。

型づくりを通し、微力ながら産業会社に貢献してまいりたいと存じます。

   

   今後ともいっそうのご指導とご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

代表取締役会長 兼子久一


 

 私ども兼子合金株式会社は、昭和39年3月に兼子合金鋳造所として工業用ミシンの部品及び地元特有の海苔取り機械の部品をアルミ合金鋳物にて提供するために創業しました。その後日本の輸出運搬手段として、重要な造船部品の軽量化により過給器部品のアルミ合金化に際し受注増加し、昭和48年12月

に㈱兼子合金鋳造所を設立しました。

 

   順調に受注していた造船部品もオイルショック等造船不況により、受注が激減しましたが、新しく自動車産業の国内生産の拡大により、部品生産に必要な金型の素材として、アルミ合金鋳物の提供を始めると同時に昭和52年3月に兼子合金㈱と社名を変更しました。

    自動車産業の発展に伴い、試作開発部品に必要な簡易金型のZAS素材の鋳造を始め、又、部品の軽量化による材質の変更により、試作開発部品用ZAS素材の精密鋳造の確立により受注を伸ばし、アルミ合金鋳造においても、金型の大型化に伴い、大物アルミ合金鋳物を提供出来るように技術及び設備の充実を計り、お客様に提供しています。

 

    現在のグローバル化時代に対応するためにも、また手込み砂型鋳物を国内で製造し続けるために、技術・品質及びコストの競争に負けないように、お客様に信頼される砂型鋳造品の製造を行っていきたいと考えております。

 

兼子合金㈱ 代表取締役社長 兼子 浩



 

 弊社は兼子合金株式会社の金型加工部として昭和57年に業務を開始し、翌年の昭和58年3月に兼子精工株式会社を創業しました。

 

    発足当初は精密鋳造によるZAS素材を用いてのINJ試作型及びアルミ鋳造品での真空成形型の製造を行ってきましたが、カーメーカーの試作型レスの動きにより仕事量の大幅な減少となり、試作型で培った技術に新たな技術を加え、ZAS素材による少ロット対応のINJ型の製造・販売に切り替え、短納期、ローコスト、ハイクオリティーな金型を成型メーカー様に提供してまいりました。

 

   今後も更なる技術の蓄積、開発を進めて、より良い物造りを目指し、お客様により信頼される企業となるよう努力していく考えです。

 

兼子精工㈱ 代表取締役社長 渡辺 和貴